セルフエステの流れは?

セルフエステ、聞いたことはあるけれど行ったことがないから、どんなサービスを受けることができるのか、来店した後の流れはどんな風なのかわからなくて不安!そんなあなたのために、セルフエステを来店した後の大まかな流れをわかりやすくご紹介していきます。セルフエステの魅力はなんといっても自分のペースを守れることですよね。このように知っておくと便利な一口アドバイスもありますので、参考にしてみてくださいね。

セルフエステに初めて来店した場合の流れ

では、今からセルフエステに行く際の大まかな流れを確認していきましょう!まずは、気になるセルフエステ店に予約をしておきましょう。当日対応をしてもらえるお店もありますが、混雑を避けるためにも予約は忘れずに。最初は、スタッフさんと悩みについてはなし、どの機器があなたに合うか、だいたいの把握をしてみましょう。どんな部分が気になっているのかをあらかじめ頭の中でまとめておくと、相談しやすくなりますよ。さっそく機器を使用して、体験してみましょう。

初回体験は無料か格安で数十分、というお店が多いので、時間が来たらストップ。もし続けたい場合は、スタッフさんに声をかけておきましょう。使用が終わったら、機器を片付け、お支払いです。定額プランで通っているなら、そのまま帰れば大丈夫です。

レクチャーを受けたらセルフエステ開始

どんなセルフエステ店でも、使ったことのない機器の場合は、しっかりと使い方を説明してくれますので、注意すべき点をきちんと確認していきましょう。使い方を誤ると、思わぬ事故になってしまうこともあります。セルフエステでは、個室に入って機器を使用するタイプのお店が多いので、一人でゆっくり使えます。もし分からないことがあれば、個室の外などにスタッフさんがいるはずですので、相談してみましょう。

特に、目元などに近い部分に当てる機器は目を傷つけてしまいがちなので、何かあればすぐに呼ぶことをおすすめします。肌が弱い方は、付属するジェルなどを忘れずに使用しなければなりませんので、個室に入ったとき、すべての機器がそろっているかどうかの確認も怠らないよう、気をつけてくださいね。

自分のペースで頑張れるから効果的?

セルフエステの魅力はなんといっても通いやすさです。通常のエステですと、施術をしてくれるスタッフのシフトに合うように予約が組まれるので、予約が取れにくく、また高額なため通いにくいことが多かったです。しかし、セルフエステはあなたに時間ができたらお店に行って、自分で自分をきれいにすることができます。

料金についても、月額数百円から数万円と、かなり安いことが多いです。また、初回体験では予約が必要なセルフエステ店が多いですが、定額プランに入る、また会員になるといつでも予約なしで通い放題というのもとても嬉しいですね。普通のエステなら、キャンセル料名も取られるとかなりの痛手ですが、セルフエステはそもそも予約しなくて良いのですから、キャンセル料などの予期せぬ出費を抑えることができます。家から通いやすいお店を見つけてみてくださいね。

まとめ

セルフエステ店に通う流れは確認できましたでしょうか。意外と簡単にすべての流れを終えることができるんです。セルフといっても、自分だけで解決する必要はありません。「ずっとこの機器を使ってきたけれど、いまいち改善がみられない」と思ったら、お店のスタッフさんに相談してみましょう。別のあなたに合う機器を紹介してくれますし、体質なども考えてくれますよ。

何より通いやすい値段で高品質の機器を使えますので、まずはお近くのお店で体験してみてはいかがでしょうか。

 

価格別にセルフエステ美容院の良さを調査!

貴女はセルフエステを知っていますか?また利用されたことはおありでしょうか?あると答えられた方は、美容通ではないでしょうか?実は、今、価格が安いのに、高価なエステサロンや美容院と同様の効果を得られるとして注目されているのです。その人気は、店舗数に表れています。東京などの首都圏はのみならず、札幌や福岡などの地方都市にも同種の美容院が増えています。セルフエステは、いったいどのくらい安い価格で、どんな効果を得られているのでしょう。そんな魅力について詳しく調査してみました。

活用の幅が広いセルフエステ

セルフエステというのは、自分で自分をエステする美容院ということです。でも、そこまでの説明であれば「家でホームエステ用の器具で足りるのでは?」とお思いになられることでしょう。しかし、違うのです。ホームエステ用の器具とは性能が違うプロ仕様の美容器具を使うことができるというわけです。ここが最大の魅力です。プロ仕様の美容器具を自分の好きに使うことができるのです。

使いたいところに納得いくまで使えるのです。例えば、こうしたプロ仕様の美容器具を使う美容院に行ったとします。たいていはコースなどで使用されることが多いものです。でも、例えば毛穴吸引や保湿器などの場合、「もう少しおでこのほうまで当ててほしい」とか「顎が気になるのでそこもやってほしい」と思っても、エステティシャンにお願いしづらいですよね。「気になるところありませんか?」と質問されても、なんとなく言いづらくて「大丈夫です」と答えた記憶はありませんか.

セルフでエステ体験ができるということは、この気持ちを自分で解決できてしまうというわけです。気になる部分を集中的にエステすることだって可能なのです。

また例えば美肌も気になるけど、ウエストのお肉も気になるから、交互に試してみたいという方もいるでしょう。しかし、エステティシャンにお願いするとなると、お部屋を移動したり、着替えを何度も行わなくてはならなかったり、様々な手間がかかります。さらにコース別の価格設定がなされていたりすると、別々の施術に、それぞれの価格がかさんでしまうこともあります。でも自分で行うエステであれば、利用料金だけですから価格が変わりません。変わるとすれば延長時間の価格くらいというわけです。

このようにご自身で行うエステの場合、使い方、エステ内容など自分仕様で使うことができるなど、その活用方法の幅はいかようにも変化させられる応用力があります。使う側にすれば、利便性の高い美容院といえるのです。?

タイプ別で価格も違う?

ではそんなセルフエステ、利用するとなればどんなポイントや注意点があるのかということです。まず、そもそもどんな利用方法をしたいのかということによって、選べるタイプがあります。店舗によって、会員制や予約制をとっている美容院もあります。また、月額をタイプ別で分け、利用者の利用方法によって選べるようにしているところもあります。そして、そのタイプによって価格も違います。ここをしっかり吟味しましょう。

例えば貴女が、通勤帰りにエステ通いをしたいと思っていたとします。一般的なエステティシャンが施術しているエステサロンもいいけれど、かなり高額で躊躇し、セルフエステに決めたとしましょう。場所の設定が大切です。価格が安いのですから、交通費がかさむところはやめておきましょう。せっかく安価に抑えた意味がなくなってしまいます。次に、通う頻度を考慮してください。ここでタイプ別から検討することをオススメします。

毎日定時に帰宅でき、比較的毎週通える環境にいるという方なら、予約制よりも会員制で、時間帯も短いタイプのほうが良いでしょう。すぐに利用できるうえ、毎日少しずつ楽しめるという面白さも味わえるからです。そして料金的な面でも短い時間帯を選ぶほうが安価に抑えられます。例えば45分使える会員であれば月額5,000円程度に設定されている店舗は多いのです。毎月5,000円程度で、少しずつでもエステ器具が利用できるのは大変お得です。

また毎日定時というわけにいかない忙しい方の場合、予約制や1回の利用時間が比較的長いタイプのほうがオススメです。この利用時間は、多くの店舗が設定しているものです。1回の利用時間のことをいいますが、先ほどご紹介したように45分程度だと5,000円前後ないしはさらに安価というところが多いです。またそれ以上の時間となりますと、1回55分で月額1万円前後、75分で11,000円前後が相場のようです。なかには95分利用できて月額1万5千円という店舗もあります。それだけのタイプがあるのですから、自分の利用時間はどの位が適当か検討して選ぶのが賢い方法のようです。

価格別に見る特徴の違い

では最後に価格が違うとどれだけの違いがあるのかというところについて調べてみました。例えば月額45分のタイプと、95分のタイプでは使える美容器具に違いがあるのか、オプションやサービスに違いがあるのかというのも気になるところです。

基本的に月額料金が違うからといって、サービスやオプションの違いが生じる美容院は少ないようです。利用時間が変わるだけで、基本的なサービスに大きな変化はないというのが一般的といえます。

ただし、効果という面では大きな違いがあるようです。例えばEMSやキャビテーションといった痩身効果を生み出す美容器具を使う場合、こうした効果の違いは生じやすいのです。EMSもキャビテーションも、1回の利用時間はある程度決まっています。どの美容院でも、その目安に従って施術を行っているものです。これはセルフエステであっても同じことです。ただし、連続使用をしないのなら、断続的な利用は可能です。

EMSもキャビテーションも皮下脂肪に刺激を与え、痩身効果を生み出すことを目的に作られています。連続使用時間が長くなると、皮膚に刺激が強くなり、赤く腫れたり痛みを伴ったりする恐れがあるため、利用時間が決められているのです。それを守りつつ、繰り返せば、より痩身の効果を得る可能性も高くなります。例えば決められた時間使用したらいったん皮膚を休ませて、別の器具を利用します。落ち着いたら、また痩身効果のある美容器具を使うのです。一定の時間利用して、休息し、そしてまた利用するという断続的な使用方法ができます。

利用時間が長いということは、こうした利用方法も可能になるということです。ただし、ご紹介した例はあくまでも参考としましょう。どの美容室でも、セルフエステでも、その場所その場所での決まり事というのがあります。まずはその美容院やセルフエステでの決まり事を順守することです。そのうえで自分なりの楽しみ方を模索してみるというのが良い方法といえます。

まとめ

価格が違えば、すべてのタイプが大きく違うということではありませんが、その美容院やセルフエステ独自のオプショナルもあることでしょうから、まずは店舗別で違いを吟味してみるのが良いでしょう。

自分が通いやすい環境にあるというのは、距離的な問題を含め、その美容院の魅力があることも重要です。通いやすいセルフエステを見つけるためにも、まずは体験コースから始めてみてはいかがでしょう。

 

使い放題のセルフエステサロン!選ぶポイントと上手な利用のコツは?

初めてのセルフエステサロン。あなたはどんな基準で選びますか。お部屋の雰囲気やスタッフの対応、美容機器やエステ用のジェル、クリームの使い放題、その月いつでも通えるプラン、一回分の費用がお得になる回数券など決め手になるものがたくさんあると思います。サロンを利用するときに何をチェックしているのか、行く前の準備や必要になるものを確認してみましょう。使い放題ならではのセルフエステの上手な時間の使い方を覚えて、美肌を目指しましょう。

サロンを利用するときに何をチェックする?

初めてセルフエステサロンを利用するときに、あなたは何を見て決めますか?サービス内容と料金表は、一番初めにチェックすると思います。回数券は何回分か、使い放題のプランはあるのか。お試しはいくらで、オプションになっている内容を押さえておきます。料金の高い、安いにはちゃんとした理由があります。美容機器の種類やサービス内容の違いで区分されていることがあるので、金額だけで判断するのは避けたいものです。

どんなお店でも無意識に見ているのが、スタッフの対応、雰囲気や人の込み具合、衛生面です。それはセルフエステでも同じことが言えます。ゆったり落ちついた空間になっているかどうか、小物類の整理整頓がされているか、予約の状況、予約がない場合は混雑具合、素肌に機器を触れさせるので衛生面はとくに気になるところです。いくら施術内容が良くても機器が汚れていたり、誰かが使った後のまま、中が見えて雑然としていたら幻滅してしまいます。受付の対応が悪ければ、二度と立ち寄らないのではないでしょうか。

受付や利用の仕方を見たあとは、美容機器の種類やエステ用のジェル、クリームの内容をチェックしましょう。中には保湿、美白ケアクリーム、シミやしわ、小顔ケアクリームなどを選択制で提供してくれるサロンがあります。エステ用のジェルとクリームは、敏感肌で種類を選ぶときは注意したい部分です。成分表でアレルギー成分ないか確認することも忘れずに。自分にピッタリの機器を使うために、カウンセリングでどの部分をケアしたいのかを相談します。美容機器のおすすめを聞くと良いでしょう。美容機器について、具体的にどのような効果が期待できて施術後、体調に変化があった場合の対処法などきちんと説明がなければ利用を控えるくらいの気持ちでいましょう。

使い放題のセルフエステでは、どこまで使えるのかを見ておきます。タオルやエステ中の着替えは持ち込みが多く、下着は紙製の使い捨てを販売しているところがあるようです。プランの料金ばかりを見るのではなく、下着などの料金を押さえておくと万が一、準備していないときでも安心です。

行く前の準備と持ち物は?

先にも持ち込む物について触れましたが、費用が抑えられている分、自分で準備するものがあります。これからの暑い時期に脱毛がメインになる人には、お手入れがしやすいように顔の産毛を含む剃毛をしておきましょう。エステで施術する一週間前後の日焼けは控えてください。お肌へのダメージが大きくなってしまいます。お化粧はもちろん、普段からお化粧を控えていて日焼け止めだけは忘れない人についても、施術前に落としておきます。すっぴんが理想です。セルフエステサロンにはクレンジングシートが常備されているようですが、きれいさっぱり落とすならシートよりクレンジング洗顔になります。シートを使うには、お肌との相性があります。いつも使っているクレンジング剤か、予めお肌に合うものを探しておきましょう。

さて、前準備が済んだら美容機器を使ってセルフエステをする際に用意しておきたいものを見ていきます。使い放題になっているジェルやクリームをたっぷり使用したときに付いても大丈夫なキャミソールや巻きタオルです。ジェルやクリームが服に付いてしまうのを気にしながらでは、エステを思う存分に施術することができません。しかもほとんどが着替え持参になっています。着替えと同様にもう一つ、必ず持参したいのが化粧品です。お試しでサロンおすすめの化粧品が使えますが、完全メイクならいつも使っているものを持参し、お肌との相性を考えて参考程度にしておくと良いでしょう。

通うのはいつでもOK、美容機器が使い放題のところでは時間制限の中に着替えや化粧落としが含まれていることがあり、前もって準備しておくことでスムーズに始められます。準備時間の短縮が時間いっぱいまで施術できるコツでもあるのです。自分で準備するのが面倒、自分はラクして行くだけのほうが良い人も、最低限の準備は必要です。きれいになるために、体の前準備や持ち物を揃えるのは基本なのです。

セルフエステの時間を有効に使うためのコツ

サロンの美容機器が使い放題とはいえ、時間に限りがあります。決められた時間の中で効率良く施術するにはコツを押さえましょう。

集中的に、または優先したい部分を決めておきます。ついつい時間を忘れて、あちこち欲が出てしまいますが計画を立てて次の施術まで間隔を置く部分を考えながら行います。セルフエステでできる部分と背中のように見えない部分や届きにくいところは友人と一緒に行って施術するか、エステティシャンにお任せするなど無理しないのがポイントです。人気のある美容機器は当然混雑します。使い放題だからこそ自由に通えるのを活かして、空きのある曜日や時間帯に変えてみるなど調整が必要なことも踏まえて利用しましょう。

エステを施術するには、その日の体調を万全にしておくことが大切です。疲れ、睡眠不足や熱、生理などで体調が優れない人は休むのを優先します。続けて通えば通うほど美肌効果が高くなるわけではなく、お肌を休ませる時間がないと回復できません。回復できないまま行うと逆にお肌を傷めることになるのです。女性の場合、生理の時の前後ではホルモンバランスの変化により、お肌がいつもより敏感になっています。普段はアレルギー反応しないジェルやクリームでも美容機器の施術が加わることで荒れるケースがあるのです。時間を有効に使いたかったら、体調が悪いときは充分休んで調子の良いときに集中的に施術し美容効果を高めましょう。

セルフエステサロンは自由度が高い分、自分でしっかりスケジュール管理することが大事です。もともと自分で予定を組むのが苦手、エステティシャンによって癒やされたい人には、自分で計画を立てながらの施術というのは向かないのかもしれません。週単位、月単位で効率の良い予定を組みたいときは、カウンセリングでご相談を。限りある時間を有効に使い美肌を手に入れてください。

まとめ

誰かにしてもらうより、自分で納得できるまでやりたい。そんな人に勧めたいのがセルフエステです。自分にピッタリのサロンを探すとき、料金やプランを確認しますが、安い料金にはそれなりの利用条件があります。使い放題のプランには自分で準備するものがあって、施術の際の着替えや自分のお肌に合うクレンジング剤などが必要です。サロンへ行く前に準備したいのは脱毛なら産毛を含めて剃毛し施術がしやすいように整えておくことです。時間の有効的な使い方として、本来すっぴんで向かうのが理想ですが簡単にメイクを落とせるようにしておくとスムーズに施術できます。セルフエステは使い放題で自由度が高い分、スケジュール管理が大切です。

 

セルフエステスタジオの選び方まとめ

自身でプロ仕様のマシンを使い、気軽にエステを行うことができる今話題のセルフエステスタジオ。気になってはいるものの、店舗数も多くどんなところが自分に合っているか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。ケアしたい箇所は人によって異なりますし、ライフスタイルも様々なので、自分の希望にあったスタジオを選ぶことが継続して成果を出すための秘訣です。このサイトでは、初めてエステサロンを選ぶ場合に気をつけたいポイントをご紹介します。基本的なチェックポイントを抑えて、ご自身にぴったりのサロンを見つけましょう。

目的を明確にしよう

セルフエステができるスタジオは数多くあり、それぞれに特徴があります。綺麗になりたいという目標は同じでも、「美肌になりたい!」、「シェイプアップしたい!」、「ブライダルを控えている!」など、人によって内容が少しずつ変わってくることと思います。施設に応じて置いているマシンも異なり、それに応じて効果も変わるので、ご自身が目指すスタイルはどういったものかのかを事前に絞っておくのがおすすめです。

最新機器が揃っていることやモデルさんご用達といった情報を見るとどうしても魅力的に思えてしまいますが、必ずしもこのような施設が自分の目指すスタイルに合っているとは限らないので、ご自分の目的と気になるサロンの特徴をすり合わせることが失敗しないサロン選びのポイントと言えます。

コスパをチェック

セルフエステのメリットの一つは、リーズナブルな価格で通常のエステに近い施術を行うことができるというコストパフォーマンスの良さです。サロンによって様々な料金設定がされていますが、選ぶ時には、ご自身の目的や希望と照らし合わせて内容と価格がマッチしているかをチェックすることが重要です。

定額制で通い放題のサロンも多くありますが、自宅から遠かったり、お仕事や家事などで忙しい方で頻繁に通えないという場合だと、1回ごとに支払う料金プランの方が安くなる場合もあります。

また、安いと思って決めたものの店内の雰囲気が合わなかったり、自分が求めていたマシンが備わっていなかったとなると本末転倒になってしまうので、価格だけでなくしっかりと内容を見極めて選びましょう。

店内の環境をチェック

店内の環境には色々な要素がありますが、意外と大切なのが店内の内装です。清潔感があるのは大前提として、テンションが上がるおしゃれな空間で行う施術はモチベーションも高まり継続しやすくなるので、これまでダイエットなどがなかなか続かなかったという人も参考にしていただきたいチェックポイントです。

セルフとは言っても、受付時はもちろん、マシンの取り扱いからアフターケアに関する相談など、スタッフさんとお話しする機会は意外とあります。そのためスタッフさんの対応がいいかどうかも事前にチェックしておくと安心です。

電話対応や体験時のサービスなどが丁寧かどうかなどが見極めポイントです。親切なスタッフさんが多いサロンでは、万一マシンの使い方がわからない時や、ボディケアに対するちょっとした悩みがある時にも優しく応じてくれるので、安心して通うことができます。

まとめ

おしゃれなところ、安いところ、本格派マシンが揃うところなど、同じセルフエステサロンでも店舗によって力を入れているポイントは様々です。もちろんトータルでバランスが取れているところを選ぶのもいいですし、ご自身が最も重視する環境や目的を絞ることでより満足感のある効果が期待できます。

ほとんどのサロンでは、初めてセルフエステを行う人に向けた体験コースを行なっているので、いくつか気になる店舗を試してみてから通いたいところを選ぶのがおすすめです。

               

セルフエステおすすめランキング

9.5

パーソナル時短エステ セルフィーの特徴と評判

パーソナル時短エステ「セルフィー」は、都内でいくつもの加圧ビューティテラスやフィットネスなどを運営している「株式会社ジェイファムコーポレーション」が経営しています。運営会社自体がエステなどを経営していますから、セルフエステで使用するマシンについても、こだわ...

パーソナル時短エステ「セルフィー」は、都内でいくつもの加圧ビューティテラスやフィットネスなどを運営している「株式会社ジェイファムコーポレーション」が経営しています。運営会社自体がエステなどを経営していますから、セルフエステで使用するマシンについても、こだわりを感じます。料金プランにかかわらず、高級エステでも導入されている、最新式で安全性の高い機械が利用できます。 料金プランも...

ボディアーキで使用することが出来る機器は有名なサロンで使用されているもので、通常であれば一回あたり数万円するものでした。自分で施術するとはいえ、それを1か月1万円からで好きなだけ利用できるというのは本当にお得だと思います。

完全個室制で他のお客さんの目を気にすることなく利用することが出来ます。セルフエステは自分で施術を行うので、正しく利用しないと効果が出ないのではと心配に思っていました。ボディアーキでは個室内にあるタブレットで部位ごとにインストラクターがケア方法を教えてくれる動画を見ることが出来るのでそれを見ながら効果的に利用することが出来ます。

今までは大手のエステサロンを利用していたので、セルフエステにはきちんと効果が出るのか心配な面もありました。ですが利用出来るエステマシンは一流のサロンで使用されているものですので、しっかりと効果を出すことが出来ています。その上で自分の好きな時に自由に利用でき、通えば通うほどお得に利用できるのですっかりセルフエステにはまってしまいました。

9.1

自分deエステの特徴と評判

「自分でエステ」は、2017年に設立された、株式会社博心が運営会社です。設立が新...

8.7

セルフデエステの特徴と評判

「セルフデエステ」は、渋谷に1店舗を経営しています。完全予約制で、一度の利用時...

8.3

セルフスリムの特徴と評判

「セルフスリム」は、名古屋を代表する繁華街「栄」からオフィスが多い「伏見」方...

8

ボディアーキの特徴と評判

「ボディアーキ」は、株式会社ディーナ・キレイ研究所が経営しており、東証一部上...

セルフエステに関する色んな情報集めました!

セルフエステ関連コラム

             

徐々に広まりつつある「セルフエステ」。通常のエステと異なる点は、エステシャンに施術をしてもらわないという点です。プロが使う機械を使用して、自分で施術を行います。エステシャンが施術しない分、料金はかなりお手頃です。また、各サロンでは、体験コースがあり、機械の使い方を教えてもらいながら体験することもできます。

  サロンによっては、月額料金で何回通っても可というお店もあります。自分で機械を操作する必要はありますが、プロ仕様のマシンでエステができるのですから、美に関心の高い人でしたら、一度は体験してみたいはずです。かといって、どのサロンを選べば良いのかわからない、あちこちのサロンを回ってお試しコースを受ける時間もないという、そんなあなたに代わって、お試しコースを体験してきました。特にエステマシンの使い勝手や、お店の雰囲気、お店の入りやすさなどを重点的にチェックしてきました。ご自身で「セルフエステ」を選択するときの参考にしていただけると嬉しいです。