セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 簡単にできて続けられる!美肌のためのセルフエステの方法と効果は?

簡単にできて続けられる!美肌のためのセルフエステの方法と効果は?

今の自分の顔を鏡で見て、何となくくすんで見えるのはお肌の汚れが溜まっているせいかもしれません。美肌の基本はセルフエステでとにかく汚れを落とすことだと言います。くすみのないお肌とは、汚れや余分な角質がない明るいお肌のことです。汚れを落とすのは洗顔、でもバッチリ化粧をしたのを落とそうと思ったらクレンジング剤だけでは効果がなく完全に落ちないようです。セルフエステで手軽にお肌の汚れ落としをする方法として、自分の肌タイプに合う化粧品、そのほかの美肌アイテムと工夫で効果が高まり解決できるようです。

 

とにかく落とす!美肌への第一歩

日中はお化粧美肌が完璧のみなさん。ちゃんとその化粧品、クレンジングで落とせていますか。前から不思議に思っていたことがあります。化粧品の売り文句にはお肌になじむとか、つけてる感じがしない!というのを見ます。確かに女優さんのお肌は陶器のようなすべすべ肌。毛穴や小じわまで映し出す最強のテレビ画面で観ても、毛穴が目立たずしかも塗っている感じがしません。汗や水に強く、化粧崩れしない落ちにくさをアピールしている化粧品に対して、どのクレンジング剤をもってしても汚れが完全に落とせない気がするのは私だけでしょうか。普通にクレンジング洗顔するだけで落とせない化粧品は、セルフエステでできる超音波やスチーマーの毛穴を広げる効果を利用して徹底的に落としましょう。

美肌への一歩は汚れをしっかり落とすことから始まります。お肌の汚れといっても、大きく分けて水性と油性の2つがあるのをご存知でしょうか。油性の汚れはクレンジングで落とします。皮脂、日焼け止めやメイク、調理しているときの油煙、排気ガスなどがあります。水性の汚れはウォッシングで落とします。汗や埃、クレンジング後に残ってしまった汚れです。油性と水性では性質が異なるので、クレンジングとウォッシングのダブル洗顔が理想だと言われているのです。汚れが残っている状態ではどうなるのかというと、いくら化粧水や美容液をなじませようとしても汚れが邪魔をしてお肌に入りません。セルフエステ後はお肌のコンディションが良くなり、化粧水や美容液の浸透が期待できます。

クレンジングには、オイル、ミルク、リキッド、クリーム、ジェル、バーム、シートタイプがあり最近はお風呂でクレンジングするのに濡れた手で使えるタイプが定番になりました。タイプ違いで汚れを落とす力や洗ったときのべたつき感が変わります。選択肢が多いのはオイルタイプです。オイルは化粧品や日焼け止めの油性タイプとの相性が良く、手間をかけずに落とせるのが魅力です。オイルのぬめりが苦手な人にはミルクやリキッドタイプです。洗い上がりはさっぱりしています。ミルクタイプは洗浄力がオイルに比べると弱いのでその日のメイクの程度で使い分けがおすすめです。リキッドには界面活性剤というお肌を刺激する成分が含まれているものが多いようです。シートタイプはクレンジング成分とアルコールが入っていることがあります。シートだと化粧を落としたいと思ったときに使える手軽さがありますが、お肌をこするのでアルコールが苦手な人や敏感肌の人は注意しましょう。各メーカーで成分の配合率が違います。どんなタイプを選ぶかは、自分の好みに合わせるのが一番ですが刺激や効果が気になる人は少量で試すと良いでしょう。

 

お肌をほぐしてなじませよう

顔の筋肉が肩こりと同様に凝っていると感じることがあります。私の場合は、朝の洗顔のときです。きれいさっぱり洗ったあと、タオルで顔を包んで手のひらの力が適度に伝わった瞬間、心地よいと感じます。化粧水をなじませるとさらに凝りを実感するのです。美顔器があればベストですが、特別な美容器具が家になくてもセルフエステで美肌が目指せます。お肌をほぐすには、お風呂で温まる、蒸しタオルでやさしくマッサージ、ストレッチする方法があります。お肌を温めた状態で顔の筋肉をほぐしましょう。

日ごろからしわやたるみほうれい線を予防するなら、顔の筋肉のストレッチで効果があると言われています。手でやさしくマッサージすることや、日ごろしない表情で顔の筋肉を動かすと凝りやむくみ防止、美顔器では小顔効果があるようです。筋肉が固くなる原因は日常生活の中にあり、肩こりと同じように習慣で凝ってしまいます。普段から無表情でいるとかデスクワークで毎日長い時間パソコン画面とにらめっこしている人は、顔の筋肉や目の周囲の筋肉が凝りやすいのです。

顔を温めてお肌がほぐれたら、化粧水や美容液をなじませます。お肌を刺激しないように、手のひらで顔を包み込みます。筋肉の場所に合わせてやさしくマッサージします。美肌は毎日の積み重ねで実現します。体の疲れや自律神経の乱れは、お肌にも出ます。そのお悩みはエステに通わずにセルフエステの簡単な方法でリフレッシュできるので試してみてください。

 

美肌アイテムを使いこなそう!

美肌アイテムで検索すると想像以上の数がヒットします。評価が高いものは高額なものばかりと思いきや、けっこうプチプラでご近所に販売されている化粧品がありました。

自宅で美肌のセルフエステをするには、定期的に別の方法でお肌をケアすることがポイントです。自分好みのクレンジング剤で気持ちよくメイクオフしたら、角質を取る拭き取り化粧水やピーリングジェルなどを使うと無駄な角質がなくなってお肌が明るくなります。

使い方の基本として、プチプラでも高額な化粧品もケチらずにたっぷりお肌に贅沢をさせます。コストが気になって使うのを控えるくらいなら、プチプラでたっぷり使うほうがお肌は喜びます。毎日使うものだから、自分の肌の性質に合っているものを厳選したいものです。数はたくさんあるのに今一つ気に入ったものが見つからない人は、気長に化粧品探しを行うことです。サンプルで試して、これは!というものを見つけましょう。

化粧品が見つかったら、セルフエステに美顔器をプラスしてさらに効果を高めましょう。ダブルクレンジングだけで落とせない汚れは、美容器具にお任せです。ここまではお肌を外側からケアする方法でした。せっかくなのでこの際に生活習慣も見直しましょう。どんな化粧品を使っても満足な結果が得られないのは、もしかしたら生活習慣が原因になっているかもしれないというお話です。自分では良かれと思って習慣にしているお手入れが、お肌にとっては逆効果だったとか、気付かずに過ごしていることもあるそうです。あとお肌に良いとされるビタミン類を含む野菜と果物をバランス良く食べるのを実践しましょう。食事は未来の体とお肌の質を左右します。精神面でもストレスを溜めないように週に一度は大笑いする日をつくるなど過ごし方も大事です。笑いはどんなアイテムを駆使するより免疫力を高めて顔の筋肉も程よくほぐされていいこと尽くしです。汚れもストレスも溜めない生活を心がけたいものです。

まとめ

美肌のためのセルフエステが自宅にあるものでできれば、特別な美容器具がなくてもきれいなお肌になれます。そのためには自分のお肌に合う化粧品を見つけること、効果を最大限にするためにお肌を温めて徹底的に汚れを落とすことです。クレンジング剤にはメイクにすっとなじむオイルタイプをはじめ、オイルが苦手ならさらっとしたミルク、バームタイプなどがあります。成分によってクレンジング効果が強力なものがあるので、とくに敏感肌の人は少量で試すようにします。美肌を手に入れるためセルフエステと同時に生活習慣を見直しましょう。食事はお肌の回復力を促す野菜や果物を意識して摂るようにし、ストレスを溜めない生活を送りましょう。