セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステでできるおすすめのニキビケア

セルフエステでできるおすすめのニキビケア

思春期であっても、大人になってもお肌のトラブルは嫌なものです。しかしながら、肌は常に細菌や紫外線などの外敵にさらされ、トラブルとは隣り合わせと言っても過言ではありません。お肌のトラブルの中でも、顔にできるニキビはトラブルの中でも頻度の高いものです。

今回は、そのニキビはなぜできるのか、そしてできてしまった後のケアを洗顔と美容家電の両面からご提案します。原因を知ることで、予防にもつながります。トラブルを起こしづらい肌についても考えてみましょう。

 

ニキビはなぜできるの?

まずは原因を探ることから始めてみましょう。

思春期にできるニキビは主に毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂が過剰分泌されてしまうことに原因があり順当な成長の過程とも言えますが、大人になってからの過剰分泌に関しては原因はひとつではありません。ストレス、睡眠、生活習慣などのホルモンバランスを形成するものが乱れてくることに起因していると考えられています。

皮脂の過剰分泌のあと、どのようにニキビになっていくのでしょう。

ニキビの原因菌と言われるアクネ菌は普段からいる菌の一つです。酸素のないところで繁殖する特徴があり、皮脂や汚れなどで毛穴が詰まり酸素がなくなるととたんに増えるわけです。増えたアクネ菌は炎症を引き起こし、それが目に見えて白くなったり、赤くなったり、時には黒くなって見えるのが完成形です。

 

洗顔でケアしよう

洗顔でケアをする方法としては、まず肌を清潔にすることが第一目的です。原因菌のアクネ菌は繁殖さえしなければ常在している菌の一つでしかありません。繁殖させないためには、酸素の少ない環境を作らない、つまり毛穴を詰まらせないことが大切です。そういった目的をもって洗顔で肌を清潔にするのですが、ただゴシゴシ洗うだけでは毛穴まではきれいになりません。

詰まって閉じてしまった毛穴は細かい粒子の出るスチーマーや顔にホットタオルを当てることなど開きやすくなります。汚れも浮き出てくるのでそこを洗顔で洗い流します。メイクによる汚れが多い場合は油分を落とす作用のあるクレンジングを使用するといいでしょう。

皮膚の表面には角質があり、決まった期間で剥がれ落ち新しいものに変わります。剥がれ落ちた角質も過剰に出た皮脂と結びつくと毛穴に詰まる原因になります。一般的な洗顔料ではこの剥がれ落ちた角質をきれいに洗い流す作用があります。角質は皮膚の表面にうすくあるものなのでくれぐれも力を入れて皮膚を傷つけることのないように、できればキメの細かい泡を立てて優しく洗うといいでしょう。

 

美容家電でケアしよう

汚れがつまった毛穴をきれいにするには毛穴を開く必要があります。おすすめのセルフエステにもってこいの美容家電は3種類です。

まずは、スチーマー。ナノ粒子レベルのスチームが肌の奥まで入り込み、詰まった毛穴を広げて汚れを浮かせてくれます。据え置き型と携帯型の2種類あり、機能も様々で、高機能なものになるとなりたい肌によってスチームに変化を加え、コースで選べる仕様のものもあります。

毛穴の汚れに直接使える美容家電は、毛穴吸引器。毛穴に直接当てて、電気の力で中の汚れを吸い出すものですが、スチーマーで毛穴を開いた後に使うとさらに効果が出やすいです。

最後は、LED式美顔器です。発光ダイオードの光を当てることで肌に様々な効果を出しますが、光の色によって得られる効果が違います。その中で青い光が殺菌効果に優れており、皮脂分泌を抑える効果もあります。

まとめ

思春期の頃に比べると大人になってからのニキビは治りが悪かったり、どうも勝手が違う印象です。

原因がわからないと戦いようもありませんが、皮脂の詰まりとそれによる菌の増殖が原因なのであれば、ケアの仕方も見えてきます。

きれいに治ったあとも、予防すべく、肌が健康な環境を整えましょう。肌の健康を保つためにホルモンバランスを整えると言っても、ストレスなく生活することはなかなか難しいことですが、睡眠をとってバランスのいい食事をとるだけでも気分が変わるかもしれません。意識してやってみることで、憂鬱なニキビが出来づらい肌質になっているといいですよね。