セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステで毛穴ケアをやってみよう!おすすめの方法

セルフエステで毛穴ケアをやってみよう!おすすめの方法

私たちの体には無数の毛穴があります。そのうち顔には20万個あり、そこから生えている毛は皮膚を守り、付属する皮脂腺は皮膚の潤いをコントロールする機能を持っています。このように毛穴は私たちの体にとって大切な役割を担っていますが、汚れたり詰まったり、時に私たちを悩ませる要素も持ち合わせています。今回は汚れの原因を知り、正しいケアの方法を調べてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

毛穴はなぜ汚れるの?

そもそも毛穴汚れとは何が原因なのでしょうか?

毛穴は皮膚を守るために必要な毛が生えている穴でもあり、その奥にある皮脂腺から皮脂を分泌し皮膚に皮脂膜を張って、細菌などの大気に潜んでいる敵が好む環境である皮膚の乾燥を防ぐという重要な機能も兼ね備えています。

しかしこの皮脂が過剰に出ることで詰まり、しかも開いたままの状態になります。また、この過剰に分泌された皮脂と一定期間で剥がれおちる角質とが混ざり合って角栓ができ、それが酸化すると黒ずんだ色になることも黒ずみ汚れの原因です。もちろんメイクがきちんと落とせていないことも汚れの原因の一つです。

 

洗顔料をよく知ろう!

ではどうすれば汚れは防げるのか?また、汚れてしまった場合はどうやってキレイにすればいいのか。

ポイントは洗顔です。お手持ちの洗顔がどんな効果をもっているものか、ちゃんと知っていますか?たとえば一般的な洗顔料は古くなった角質をきれいに洗い落とすことはできても、メイクなどに含まれる油分を洗い流すことはできません、自分の顔の状況に合った洗顔料を使わないと、意味がありません。

毛穴のつまりを感じているなら、ピーリング洗顔などで古い角質と詰まった汚れを落としましょう。ごしごしこすると皮膚を傷つけてしまうので力を入れないように注意します。入浴前に熱すぎないホットタオルで顔を温めてからクレンジングを使うと、角栓が緩んで落としやすくなります。スチーマーで毛穴を開いてから優しく洗顔をするのもおすすめです。まずはお手持ちの洗顔料を知り、自分の肌に合ったものを揃えていきましょう。

 

毛穴吸引機を使う!

角栓や黒ずみなどをキレイにする手っ取り早い方法として、毛穴吸引機があります。キレイにしたい部分に当てて、汚れを吸い出すセルフエステにもってこいの美容家電です。商品によって吸引力に違いがあります。吸引力は強すぎると肌を傷つけてしまう可能性もあるので、自分の肌質に合わせて選ぶことをおすすめします。

形状として大きく分けると種類は2種類です。電源コードタイプか、コードのない(乾電池・充電)タイプかです。電源コードを使用している商品の多くは急な電池切れの心配がない代わりに入浴中に使用することができませんが、吸引力が変わらないことが魅力です。

入浴中は蒸気が多いため毛穴が開きやすく汚れも落ちやすいので、入浴中に使用するのならコードレス防水タイプを選びましょう。商品によってはミスト機能がついている優れものもあります。

敏感肌の方には敏感肌用と表示のある吸引機もありますので、よく調べてから購入するようにしましょう。

まとめ

肌の調子が悪いと、多かれ少なかれ気分が良くないものです。今回は毛穴の汚れの原因とそれを改善する方法をご紹介しました。

洗顔も吸引機も外側からアプローチして汚れを落としたり肌の調子を改善したりするものですが、私たちの肌というものは環境に左右されやすいこともまたわかっています。ストレスを溜めないこと、十分な睡眠をとること、油ものばかり食べるような偏った食生活にならないことなど、直接肌とは関係のなさそうなライフスタイルを見直すこともとても大切です。

内側と外側からのアプローチで、健康的で毛穴レスな肌を手に入れられるといいですよね。