セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 流行りの美デコルテを目指すセルフエステ

流行りの美デコルテを目指すセルフエステ

セルフエステのメリット

美肌というと、顔のケアを集中的に熱心に行われている方が多いです。デコルテはあまり気にしていない方もいらっしゃるでしょう。しかし、この部分をケアすることは非常に重要なのです。なぜ重要なのか、その理由に迫ります。そして、どうやってケアすればいいのかポイントをまとめました。また、流行りの美デコルテを目指すためにはどうやってマッサージすればいいのか、セルフエステの方法もご紹介します。しっかりケアして、美しくなりましょう。

デコルテケアが重要な理由

デコルテは首から鎖骨、胸元の部分のことです。顔はしっかりケアしても、この部分は特に気にしていない方も多いのではないでしょうか。しかし、年齢が出やすいパーツなので、ケアが重要です。なぜなら、外からの刺激を受けやすい場所で、且つ皮膚が薄いのでデリケートだからです。紫外線を受けやすいですし、ネックレスやマフラー、ストールなどによる摩擦も起きやすいのです。

また、首は頭を支える部分なので知らず知らずのうちに疲れがたまっています。リンパや血行の流れが悪くなり、しわやたるみも出やすいです。したがって、首から鎖骨、胸元が美しいと、女性らしさが表れ、年齢より若く見られます。ますますおしゃれが楽しめるでしょう。

デコルテケアのポイント

デコルテは外的刺激、特に紫外線を受けやすいのでしっかり対策を行いましょう。顔や手足はケアしても、首や胸元のケアはしていない方も多いのではないでしょうか。胸元が開いた服を着る場合は、顔と一緒に紫外線対策をして守りましょう。シミやしわの予防になります。

次に、洗う時のポイントです。しっかりケアをしなければいけないからといって、強くごしごし洗ってはいけません。デコルテの皮膚は薄くてデリケートなので、反対に傷つけてしまう恐れがあります。顔を洗う時のように、ふわふわの泡で優しく洗いましょう。最後に、保湿ケアです。洗顔後に顔は化粧水、美容液、乳液やクリームでケアをされていることでしょう。そのときに、そのままデコルテまで保湿をしましょう。顔と同じものを使ってもいいですが、デコルテ専用のものもあるのでチェックしてみてください。

デコルテマッサージの方法

さらなる美しさのために、セルフエステでマッサージする方法をご紹介します。鎖骨周りなどには、老廃物を排出するためのリンパが多数流れています。保湿ケアをするときに、一緒にマッサージを行えばすっきりして、全身のケアにもつながります。リンパが滞ると、肌のむくみやくすみになるので、しっかりほぐしましょう。皮膚が非常に薄い部分なので、マッサージの際には保湿のクリームをつけて、滑りやすくしてから行います。

そして、こぶしで耳下から首にかけての筋肉をほぐします。5~6回行いましょう。次に人差し指、中指、薬指で鎖骨下を内から外で流します。左右5~6回行いましょう。次に同様に鎖骨周りを少し強めに流します。最後に胸の上の筋肉部分をほぐします。内から外へ大きな円になるようにマッサージするとよいです。このようなマッサージを続けて行けば、流行りの美デコルテになれます。

まとめ

これまでデコルテのケアはあまり気にしていなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、このパーツが美しい人は年齢よりも若く、女性らしい印象を与えることができます。顔のケアと同様に、洗うときや保湿するときにしっかりケアを続けていきましょう。マッサージを続けることも美容と健康のために重要です。外出時には紫外線対策も怠らないようにしましょう。こうして、ケアをしていれば周りの人と差が付けられるはずです。