セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 美容院別!セルフエステを比較してみました

美容院別!セルフエステを比較してみました

美容院と一言で言っても、いろんな種類のサロンが増えています。例えば、ヘアスタイルを中心に、頭皮や髪質改善まで対応してくれるサロン、またフェイシャルでも美白に力を入れているのか、リフトアップに力を入れているのかによってコースが大きく変わってきます。ですから比較してみると、そのサロンの特徴がわかるものです。

セルフエステはどうなのでしょう?セルフエステというからにはどれも一緒なのでしょうか?そこでセルフで行える美容院を比較し、その魅力の違いについて調査してみました。調べてみると、奥深い魅力が多分に存在していますよ。

 

セルフエステの特徴とは

セルフ、つまり自分自身でエステティシャンが使うようなプロ仕様の美容器具を使って、フェイシャルや痩身などのエステ体験を行うことができる美容院をセルフエステと言います。今、東京などの首都圏だけにとどまらず、北は北海道から南は九州まで、このタイプの美容院は大変人気を集めつつあるのです。というのも、エステサロンに行って使う美容器具が利用できるうえ、エステティシャンの手を使わないため、費用が安価に抑えられるというメリットがあるからです。お高いエステサロンと同じ効果を得られる美容器具が使えるのです。しかも、低価格で。つまり、継続して通いやすいというわけです。

エステサロンに通うという場合は、やはり自分の美に意識が行き始めるころからでしょう。一回きりのエステ体験なら、楽しんで受けることもできますし、継続させるという意識も起きづらいものです。でも、エステに通いたいという方の多くは、例えば「ウエストを細くしたい」とか、「近づかれても毛穴の気にならない肌になりたい」など、自分を美しく見せたいという願望を持たれている方が多いもの。美は一日にしてはならずです。継続したお手入れこそが美への近道であることは多くの方がご存じのことでしょう。つまりエステに通い、結果をだすためには継続が必須です。でもエステサロンは1回の施術で1万円以上かかる場合も多い高額なもの。たいていの方は、この高額な状況に挫折し、エステ通いを諦めてしまっていたことでしょう。でも、これからはそんな悲しい結果も減る可能性があります。セルフエステはそれほど金額の低価格で、通いやすい環境にあるからなのです。

このセルフエステは、単に同じような美容器具が並んでいるという単純なものではありません。人気がある上に、同種店は今も増えています。つまり、他店との比較ができなければ、注目を集めることができない市場というわけです。注目を集めれば、多くの顧客に利用してもらえます。ですから、美容院としては他店と比較できるウリを大切にしているのです。

 

美容院によって違いがある?

ではどんな違いがあるのか、これは比較してみることで分かりやすいでしょうから、例を挙げてご紹介します。

今セルフエステは、全国的展開を見せている美容院が多数存在しています。特に業界でも店舗数が多いことで注目されているエステ店では、予約制ではないものの、一人当たりの利用時間を45分までと定めています。さらに、利用できる器具も、光脱毛からフェイシャル、EMSといった痩身用器具まで多彩に存在しています。さらにこの店舗の魅力としては、エステを終了した後、備え付けの試供品を試せるというところにあります。各美容メーカーで出品した新製品を試すことができ、お化粧直しもここで完了してしまうというお手軽さが魅力です。エステ終了後はメイクもおちてしまっているものです。この後デートに行きたいという場合、メイク直し道具をあれこれ持参してしまうと、手荷物が増えてしまいます。でも、そんな心配もないのがこちらの美容院というわけです。とくにこちらは、若い女性を中心に人気を集め、備え付けの試供品も比較的若い女性向けのアイテムが揃っています。

一方別の美容院です。こちらは、高周波などのラジオ波や超音波などのキャビテーション、美白やリフトアップ用美容器具が揃っており、アンチエイリアシング効果の高い器具が比較的多いという美容院です。全国的に展開していますが、全体的な数は少ないものの、顧客からのニーズも高く安定した人気を誇っているという美容院でもあります。会員制で、使用した都度300円程度の使用料金と、クリームや美容液の使用料金を支払うというシステムです。最大の魅力は、時間指定が1時間程度と長く、リラックスできる環境を整えるため、予約というシステムを導入しているところにあります。予約制ですから、待ち時間も少なく、ほかの人の目を気にすることなくのんびり自分のスタイルでエステ気分を楽しめるというわけです。

このようにセルフエステと一言で言っても、その種類は多く、自分の好みに合わせてチョイスすることも可能というわけです。

 

ポイントを比較してみました

ここまで違いのある美容院、ではそれぞれの魅力的なポイントの比較についても調査してみました。魅力的なポイントとは、通い続けられる魅力、また通うことで得られるメリットというわけです。

全国的展開をしている店舗の場合、他店と比較して、ほかの土地に移動した際にも系列店を利用可能であるという魅力があります。例えば一般的なエステサロンの場合、同列系の他店を利用するには、別に料金が発生したり予約をしたりと、意外に煩わしいことが多々あるものです。もともとセルフエステの場合、予約制の店はともかくとして、いつでも気軽に利用できるというのがウリです。ですから、予約という煩わしさは生じづらいものですが、それにも増しての魅力は、地方店でも会員なら使い放題というメリットの恩恵を受けることができるというところです。詳しく言えば、例えば旅行や出張で別の土地に赴いた際、疲れた足をエステですっきりさせたいと思ったことはありませんか?東京で会員になっているエステの姉妹店が、その移動した土地にあったなら、使うことができる可能性が高いというわけです。わざわざマッサージ店を探して、高いお金を支払って出向かなくても、姉妹店のエステ器具を使ってすっきりさせることができてしまうわけです。

またほかの魅力もあります。セルフエステの場合、比較的最新の美容器具を導入しているという店舗も多いものです。でも通常のエステサロンで最新の美容器具を利用しようとなると、施術料だけでも高額になりがち。でもセルフで行えるのですから、その心配がないのです。このポイントは単純なようで、美容通にとっては驚きのメリットでもあります。

こんな魅力多分な環境にあるのです。むしろ使わないほうが損をしているといっても過言ではないのではないでしょうか。

まとめ

このように、セルフエステには一般的なエステサロンでは得られないような魅力やポイントがたくさん存在しています。ただし、一つだけ注意するのは、エステティシャンがいるからこそ、お肌の状態に合わせてくれ、無理のない施術が行えるのが一般的なエステサロンということです。セルフであるということは、自分の体の状態は自分で確認し、問題のないよう注意する必要があります。

美容院を比較して見えてきたメリットを生かし、自分の環境や通いやすさを見極めて、最良のセルフエステを体験してみれば、身も心もすっきりすることができるでしょう。