セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステで毛穴ケアをする方法

セルフエステで毛穴ケアをする方法

美肌になりたいと思っている方の肌のお悩みの中でも多いのが、毛穴のトラブルです。つまり、黒ずみ、開きなど、様々なトラブルがあります。10代の若い人から、アンチエイジング対策を行っている方まで、幅広い方が抱える悩みです。しかし、どうしてこのようなトラブルが起きてしまうのでしょうか。その原因を知ることで、対策方法がわかってきます。そこで、美肌になるためには、どのようなセルフエステをすべきなのか、ケアの方法を詳しくご説明します。ぜひ自分でやってみてください。

毛穴の悩みとその原因

毛穴の黒ずみや開きが目立つ、というお悩みを抱えている方は意外と多いでしょう。しかし、その原因を知っていますか?原因を知れば、自ずと対処方法がわかります。

まず、黒ずみの原因です。汚れが溜まっているということは予想できるかと思いますが、なぜ汚れが溜まってしまうのでしょうか。これは普段の化粧、皮脂はもちろんのこと、空気中の埃や汚れなどにもよるものです。これが溜まったら、つまってしまいザラザラとした黒ずみとなります。これをそのままにしておくと、色素沈着してシミになる可能性もあります。

次に、開きです。こちらは、乾燥、加齢によって肌のエラスチンやコラーゲンが減少することが原因です。肌のハリがなくなることで、たるみ、開きというトラブルが起きてしまうのです。このように、悩みごとに原因が異なるのです。

毛穴ケアその1:毛穴の汚れを除去

毛穴の黒ずみは、汚れが溜まっていることが原因なので、それをしっかり除去しなければなりません。忙しいからといって、化粧を落とさずに寝てしまったりすることがある方は要注意です。毎日、クレンジングと洗顔をしっかり行うことから始めましょう。

毎日洗顔しているのに、汚れが気になる方は洗顔方法をこだわってみましょう。お湯はぬるま湯を使用し、しっかりと泡立てて、ごしごしこすらずに優しく洗顔すると良いです。これに加えてスペシャルなセルフエステも行いましょう。スチーマーで開かせてから洗顔すると、汚れがしっかり落ちます。

専門の機械を持っていない方も大丈夫です。水で濡らして絞ったタオルをレンジでチンして、ホットタオルを簡単に作ることができます。これを顔に当てて、リラックスしながら毛穴を開かせるとよいです。もう一つの方法は、洗面器スチーマーです。洗面器に熱湯を入れて、その湯気を顔に当てれば、即席スチーマーが使えます。こうして工夫して、毛穴の汚れをしっかり除去しましょう。

毛穴ケアその2:毛穴を引き締める

毛穴の汚れをしっかり落としたら、開きを防ぐために引き締めなければなりません。化粧水や乳液のケアの仕方にポイントがあります。これらを冷蔵庫に入れて冷やしておくのです。このひと手間で、お肌が整い、しっかり引き締まります。引き締めることが、毛穴の開きのケアをするだけでなく、汚れが溜まり、黒ずみになることを防ぐ効果もあります。

この毎日のケアに加えて、スペシャルなセルフエステの方法は保冷剤や氷を使って引き締めることです。直接当てると肌を傷つけてしまう恐れがあるので、ガーゼやタオルなどで包んで、優しくケアしましょう。小鼻など特に気になる部分は重点的に行うとよいです。このほかに、手軽に行う方法としては冷蔵庫に入れて冷やしたスプーンを使う方法です。これだと、出して当てるだけなので簡単に続けられます。何本か冷蔵庫に入れておくとよいでしょう。

まとめ

毛穴の悩みにはいろいろな原因、症状があります。しかし、どんなお悩みがあってもセルフエステでのケアの方法は同じです。一度しっかり開かせて、詰まった汚れをしっかり落とし、冷やして引き締めるのです。普段の洗顔方法や保湿の方法を少し工夫するだけで、全然違います。ぜひ試してみてください。また、週末などの時間に余裕があるときにはスペシャルなケアもやってみるとさらに効果が期待できます。リラックスしながら、楽しく続けることが大切です。