セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステのおすすめはコレ!部分痩せにキャビテーション!

セルフエステのおすすめはコレ!部分痩せにキャビテーション!

セルフエステのメリット

セルフエステサロンでも自宅でもできる部分痩せにおすすめなのがキャビテーションです。人気があるダイエット法としてネットでも話題になっています。どんな仕組みで痩せるのか、知りたくないですか?エステで使用するキャビテーションは出力が大きく、部分痩せを望んでいる人にはおすすめの美容機器なのです。痛みはないのか、どれくらいの時間で効果が出るのか痩せられる仕組みをご紹介します。また、セルフエステで施術の際に注意したいポイントも合わせてご覧ください。

キャビテーションの仕組みって?

部分痩せが得意でエステでおすすめされることが多いキャビテーションは、セルフエステサロンでも人気がある美容機器です。物理の言葉で「空洞現象」のことを指します。皮下脂肪、内臓脂肪で空洞現象を人工的に起こすと、あら不思議、体内に起こった泡が破裂する力を利用して脂肪を分解して溶かします。溶けた脂肪は血液やリンパの流れに乗り老廃物として尿で体外へ排出されます。有酸素運動を行うとエネルギーとしても燃焼し、ほかの美容機器やマッサージとの組み合わせで効果をアップさせます。エステサロンで施術後にリンパマッサージを行うのは、老廃物のスムーズな排出を促すためです。脂肪を直接消滅、脂肪細胞そのものを減少させるのでリバウンドが少なく一回の施術で効果が実感できるのが特長で「メスを使わない脂肪吸引」と呼ばれています。痩せたい場所を確実に狙い撃ち、皮下脂肪や内臓脂肪、セルライトにだけ反応します。継続していけば全身痩せもできるキャビテーションは即効性を求める人におすすめしたい美容機器です。

セルフエステやエステサロンでの施術後に、筋肉痛が出る人がいます。時間が経てばなくなり、体質が改善されていきます。本来の施術に痛みは伴わないものです。体に持病がある人や、ペースメーカーを入れている、体に金属製のプロテーゼを使っている人、妊娠中や妊娠の疑いがある人は施術ができません。

最初は体の様子を見ながら一、二週間に一回のペースで施術します。4回から6回くらいで効果が実感できる場合が多く、持続させる場合は月に一回の施術で良いようです。脂肪細胞を破壊と聞くと怖いイメージがありますが、老廃物の排出までの経路は私たちが本来している代謝で安全なものです。体をほぐして脂肪細胞を老廃物として排出できるように手助けしているのが美容機器や施術後に行う運動やマッサージなのです。

キャビテーションの効果を実感する期間は?

施術後、目に見える形で実感できるのがキャビテーションの特長です。皮下脂肪や内臓脂肪の付き方は人それぞれです。同じ時間施術してみんなの結果がまったく同じになるかと言われたら、答えはNOです。セルフエステサロンで早い人は一回目で実感する人もいるでしょう。先にもお伝えしたように平均4回から6回で効果を実感する人が多く5回以上を推奨しているサロンがあります。最大の効果を目指すなら、これまでの生活環境を見直す必要があります。リバウンドしにくいとはいえ、バランスの良い食事はとても大切です。ダイエットや代謝、食べ物のキーワードで検索するとたくさんおすすめのメニューが出てきます。日ごろから代謝が上がりやすい食べ物、痩せる体質にするためのメニューを取り入れると良いでしょう。

セルフエステでは痩せたい部分を集中的に、計画を立てて施術していきましょう。本音では誰もが全身痩せを望んでいると思います。しかし、美容機器にも得意分野があるのです。どのエステサロンでもエステティシャンによるおすすめプランの提案があります。効率的な施術のために、カウンセリングを行っているサロンがあります。それはセルフでも同じです。平均の回数で痩せる効果が全然ないというのは稀かもしれませんが、単独での効果を期待せずアドバイスを仰いだり効率が上がる美容機器の組み合わせを試すことも大事です。また手際よく施術する手段として、動画でポイントを事前にチェックする、エステティシャンによる施術の技を真似してやってみる方法があります。

人によって代謝のペースが違い、キャビテーションの効き目が緩やかな人がいます。焦りは禁物、無理な施術は体に負担がかかります。まとめて一気にやっても良い結果は得られません。じっくりあきらめずにコツコツと回数を積み重ねることで理想の体型が手に入るのです。

キャビテーションするときに控えたいこと

ここではキャビテーションの施術前後で控えたいことを書き出してみたいと思います。セルフエステサロンで施術前の食事は軽食程度で留めておきましょう。消化の良いものがおすすめです。空腹で受けるのも良いのですが、気分が悪くなることがありますのでなるべく避けます。施術後は脂肪を分解した老廃物を排出するために、一時的に肝臓へ負担がかかります。体をケアした後は泡が立つ冷たいものが飲みたくなる人もいるはずです。ここはグッと我慢してアルコールの摂取、喫煙は施術前後の一時間は控えるようにします。施術後の食事で気を付けたいのが、動物性の脂肪です。体の代謝が上がっている状態で、老廃物の排出も盛んですが取り込むための準備も万端です。そこに皮下脂肪や内臓脂肪になりやすい動物性の脂肪たっぷりの食事をいただくと、これまでの努力が帳消しになってしまいます。消化が良く、体を労わる食べ物を選びましょう。

これはジムなどでトレーニングをするときにも言われることですが、寝不足や疲れで体調が悪いときの施術は控えてください。気分が悪くなるだけではなく、せっかくの施術効果が発揮されないまま終わってしまいます。生理の前後一週間もホルモンバランスが崩れ、体調が万全でないことが多いものです。刺激に対してお肌が過敏になる人もいます。お肌へのダメージや施術中に気分が悪くなることがありますので見送りましょう。自分の体の周期を管理、把握しておくことが施術の効果を上げるのにつながります。

家庭のセルフエステのキャビテーションで効果を出したいときは、施術前に代謝を上げるためお風呂で体を温めるのが簡単でおすすめの方法です。施術後は自分でできる範囲で有酸素運動やストレッチ、マッサージを行いスムーズな老廃物の排出を目指しましょう。家庭用はエステサロンの機器ほど強力な効果は見込めませんが、継続することで近い効果が出せるように設計されています。

まとめ

視覚で確認できる皮下脂肪やセルライトを狙い撃ち、部分痩せにおすすめと言われているセルフエステでも根強い人気のキャビテーション。年齢を重ねるとセルライトはなかなか落とすことができずに苦労している人も多いはずです。キャビテーションは、いらない脂肪やセルライトを破壊し老廃物として体外へ排出します。脂肪を破壊すると聞くと体に悪いイメージがあるかもしれませんが、エステサロンもおすすめする有酸素運動やマッサージを組み合わせることで代謝を活発にエネルギーとして燃焼させ、体質改善にもなるのです。排出するまでの経路は人が行う本来の代謝で害はありません。セルフエステでメリハリボディを手に入れましょう。