セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステの開業に必要な準備

セルフエステの開業に必要な準備

セルフエステのメリット

自分のお店を持ちたい、と漠然と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。そんな方の夢を現実にするためにオススメしたいのが、セルフエステのお店を開業することです。特に、美容に興味のある方にはぴったりです。このお店の開業のメリットとは何なのでしょうか?どのような技術が必要なのでしょうか?どんな準備をしなければならないのでしょうか?これを知れば、自分のお店を持つという夢がかなうかもしれません。

セルフエステで開業のメリット

セルフエステのお店を開業したいと考えている方は、美意識が高い方だと思います。お店を開く準備をすることにより、美容に関する様々な知識を勉強し、それが自分のためにもなります。決して無駄な勉強というものがなく、仕事としてお金を稼ぐことができるのが最大のメリットではないでしょうか。

また、導入するエステの機械は自分でも使用することができるため、自分自身美しくなれます。そして、美しい姿でいることこそが、集客にも効果的です。また、エステのお店を開業するには様々な準備が要ります。しかし、セルフエステの場合は、直接的な施術はお客様ご自身に行ってもらうため、その分人件費や技術が要りません。したがって、開業までの準備費用及びお店の維持費が抑えられるのです。

必要な技術

実は、エステサロンを開業するのに国家資格などは必要ありません。そして、セルフエステの場合施術を行うわけでもないので、エステ学校に通ったりする必要もないのです。受付等の接客、エステに使う機械の使い方の説明、事務手続きができればよいのです。ただし、美容やエステに関する知識は勉強するに越したことはありません。お客様にアドバイスをすることができ、信頼を得て通っていただけます。エステ学校に通うまではしなくても通信教育などでも学べますし、日々美容にはアンテナを張って生活していくべきです。

そして、サロンにおいてお客様に来ていただき、通っていただくためには何よりも接客技術のほうが大切になります。お客様に気持ちよく続けていただき、いい口コミが広がるためにも心地よいコミュニケーションが取れるように心がけましょう。入店時、セルフエステで使用法などにお困りの際の対応、お見送りとその場に合った接客が必要です。お客様がセルフエステを選ばれている理由も踏まえ、過剰な営業などを慎むことも心地よい接客のポイントです。

準備すべきもの

お店の場所、エステの機械といった準備のほかに、自分で考え作成しなければならないものはたくさんあります。まず1つ目がエステプランです。既存店のものを参考にしながら、時間で料金を設定する、使用する機械ごとに設定する、定額制の使い放題にする、など様々なプランが考えられます。セルフエステの場合、複雑なプランにするよりは、シンプルで明快なプランにしたほうがわかりやすくていいでしょう。

次に、ホームページなど紹介、宣伝ツールの作成です。より多くの方にお店のことを知ってもらい、広めるためにもホームページや各種SNSを活用しましょう。こちらは開店以前からしっかり準備しておくことをオススメします。また、自宅サロンをオープンする際には、近隣へのご挨拶やビラ配布なども欠かせません。サロンは口コミが命とも言えるので、しっかりとお店のアピールをしましょう。

まとめ

自分でエステサロンを開業するとなると、知識や技術、準備などが大変なイメージがあったかもしれません。しかし、セルフエステのサロンを開業する場合、技術や準備などを抑えて開業することができます。また、お客様を美しくするのと同時に、自分も美意識を高め、美を維持しながらお仕事をすることができます。店舗を構えずにご自宅でサロンを開くこともできますので、興味がある方は少しずつ準備を始めてみてはいかがでしょうか。