セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステでの脱毛方法とメリット・デメリット

セルフエステでの脱毛方法とメリット・デメリット

ご自身で行うことで通常のエステよりも価格を抑えて施術ができる話題のセルフエステ。脱毛もご自身で行える施設があり、利用している人も多いです。このサイトでは、初めての方に向けてその内容や流れ、メリットとデメリットをまとめました。基本的な知識を抑えて、ご自身にぴったりの方法をチョイスしましょう。

 

セルフ脱毛とは?

セルフ脱毛とは、その名の通りご自身でマシンを使って体のお手入れを行うことです。ご自宅で行える手軽なマシンも販売されていますが、最近人気なのは、エステに通い、ご自身で施術を行うスタイルです。家庭用のものよりも高性能なマシンを自分で扱うことができるで、高い効果がありながらもご自身の気になる箇所だけ、しかも低価格で行える画期的なシステムです。

基本的には1ショットごとや、10分間照射し放題などの時間ごとによる料金設定となっており、その範囲内であれば好きな箇所をお手入れすることが可能です。セルフとは言え、サロンのスタッフさんがマシンの使い方やアフターケアなどの説明をしてくれますので、初めての方でも安心して始めることができます。店舗によってはエステティシャンの資格を持った方がいる場合もあるため、ボディケアに関する相談に乗ってもらえる場合もあります。

 

セルフ脱毛のメリット

ご自身で好きな時に好きなパーツを脱毛できるのが、セルフで行うメリットの一つです。サロンで施術を受ける場合は、基本的には顔、腕、脚、SVOなど、箇所によってコースが分かれています。そのため一度に多くの箇所を行いたいという場合はそれだけ範囲が広がるため割高になります。

セルフであれば気になる箇所だけを選んで行うことができるので、例えば過去の脱毛でやり残しがあった時や、ピンポイントでやりたい箇所がある時にはおすすめの方法です。通常のエステと異なり比較的回転率が良いため、予約を取りやすいというのもポイントです。

施術をした後は肌のダメージ回復と毛根のサイクルを待つために最低限の期間を空ける必要はありますが、通常のエステだと店舗によってはかなり先まで予約が埋まってしまい、数ヶ月に1回の頻度でしか通うことができず、完成させたい時期に間に合わなかったという話も聞きます。セルフであっても人気サロンや夏に向けてのピークシーズンは混み合うことがあるので一概には言えませんが、事前に確認をしておくと安心です。

 

セルフ脱毛のデメリット

ご自身のタイミングで好きな箇所を脱毛できるセルフタイプには魅力がたくさんありますが、一方でデメリットとして注意した方がいいこともあります。ご自身で行うことによって、手が届かない部分はうまくマシンを当てられないことがありそのような部分は結果的にムラになってしまうので、やりたい箇所に応じて要検討です。

特に、ブライダルエステで欠かせない背中や首筋のお手入れはご自身の視線も手も届きにくいので、万一やり残しがあったり、無理をして火傷などの肌トラブルになってしまったらショックですよね。セルフの場合、お肌のトラブルに関しては自己責任になってしまうので、ここも気をつけたいポイントです。

特に初めて行う人にとって、マシンの扱いは慣れるまでは難しく感じる場合があります。そのため、せっかく時間内で無制限となっていても思うように使いこなせず、通常のエステの方が早くて綺麗、そしてトータルでみると安かったということにもなりかねません。

 

まとめ

セルフエステでの施術では、ご自身の目的や状況によってメリットになる部分とそうでない部分とに分かれるため、事前の比較検討が大切です。最近では特に、エステサロンでの施術も低価格のコースが用意されていたり、キャンペーンを行っていたりするところが多く、必ずしもセルフがお得とも限らないので、初めからセルフと決めるのはもったいないかもしれません。サロン選びの前に、どのスタイルが自分に合っているかをイメージして、ぴったりのスタイルを見つけていきましょう。