セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • おすすめの小顔になれるセルフエステ

おすすめの小顔になれるセルフエステ

セルフエステのメリット

誰でもモデルや女優のような小顔に一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。そんな理想に近づく方法をご紹介します。小顔になりたいと悩んでいる方は、どうして顔が大きく見えてしまうのか、原因を探りましょう。そして、それを理解した上で適切なマッサージを行うとよいです。自分でセルフエステを行う際の注意点もお伝えします。安全面などにも気を配りながら、無理なく、効果的な方法を試してみましょう。

小顔に見えない理由

なんとなく顔が大きく見える、小さくなりたい!と思っている方は、まず大きく見えてしまっている原因を探りましょう。自分で、顔が大きく見えるのはなぜか考えてみてください。顔がむくんで腫れぼったくなっている。脂肪がついていて、二重あごになっている。フェイスラインがたるんでいる。大きく分けるとこのような原因があります。

単純に太って脂肪がついているのであれば、ダイエットも必要かもしれません。しかし、そうではなくてむくみやたるみが気になる場合は、リンパが滞っており、顔が凝り固まっているのが原因です。したがって、リンパの流れをよくして、顔の筋肉をほぐすことで、すっきりした小顔になれます。また、それだけでなく内面からきれいになることで美肌にもつながりますし、ほうれい線やたるみの解消でアンチエイジング効果にもなります。

小顔になれるマッサージ

マッサージ前にコップ1杯の水を飲むと効果的です。そして、顔に着手する前に、鎖骨下リンパ節、首、肩のコリもほぐしておきます。これでリンパの流れをよくして、小顔マッサージがより効果的になります。そしていよいよ顔のマッサージです。

まずは、フェイスラインや二重あごに効果的な方法をご紹介します。あご下→耳下腺→頚部リンパ節の流れで人差し指、中指、薬指を滑らせます。次にこぶしで咀嚼筋をほぐします。これにより、エラが張って大きく見えるのを解消します。最後にフェイスラインの骨を指で挟みながら引き上げます。

次に、むくみ解消の方法です。まず頬骨からこめかみまでのツボを刺激するように流します。こめかみをほぐし、目の上と下を内側から外側に流します。そして、額は眉毛から髪の毛の生え際のほうに引き上げて、生え際をくるくるほぐします。最後に、顔全体を下から上に流します。スムーズにできるようになれば、3分ほどで行えます。

小顔エステの注意点

マッサージは強めが好みの方もいらっしゃるでしょう。しかし、小顔セルフエステは必要以上に強く行う必要はありません。撫でるくらいのソフトタッチでも効果があるのです。もし、強めが好みの方は心地よいと感じる程度の強さでとどめておきましょう。また、肌をこすって摩擦で傷つけてしまうからです。それを防ぐために、マッサージの際にはオイルやクリームなどを使用し、滑りやすい状態で行います。このオイルやクリームで肌荒れを起こさないために、特に肌が弱い方はこれらの商品選びにも注意しましょう。

まとめ

小顔に見えないのは、たるみやむくみなどが原因の場合が多いです。そして、これはセルフエステを行うことによって解消されます。マッサージの方法は、始めは少し難しく感じるかもしれませんが、慣れると一連の流れをスムーズに行えます。たるみ、むくみ、気になるお悩みに合った方法をぜひ試してみてください。続けていくことですっきり小顔になれるだけでなく、リンパの流れがよくなり体の調子もよくなったり、美肌やアンチエイジングにも効果が出てきます。