セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • セルフエステで得られるパック効果を種類別にご紹介!

セルフエステで得られるパック効果を種類別にご紹介!

セルフエステとは、エステサロンに通うことなくご自身でお肌やボディのメンテナンスを行うケア方法の一つですが、エステサロンに行って施術は専用のマシンで自分で行う方法から、自宅で美容マシンなどを使用して行う方法など様々なやり方があります。その中でも、ご自宅で気軽にマシンなしでも行える方法がパックを活用したケアです。最近は様々な種類のアイテムが出ており、クオリティもかなり高くなっているため、定期的にケアをすることでセルフでも十分に効果を実感することができます。このページでは、種類別にその特徴をご紹介していきたいと思います。ご自身にぴったりのパック選びの参考にお役立てください。

 

王道シートタイプ

おなじみのシートタイプは、最もお手頃で人気のあるタイプです。コットンやレーヨン素材のシートに化粧水成分や美容液の成分を染み込ませたもので、その効果や成分量、シートの厚みなどによって様々な種類に分かれています。そのため用途も色々で、保湿や美白、フェイスラインの引き締めなど、目的に合わせて使い分けることができます。

使い方は商品にもよりますが、折りたたまれたパックを顔に沿って載せるだけ、大抵のものは10分程度時間を置いて剥がすだけで、その後の洗顔も必要ないものがほとんどです。ライトな効き目のものは毎日のお手入れに使用することができますが、しっかり成分が含まれているものは1週間に1回程度の使用で十分なものもあるので、用法を守って使うのが最も効果的です。ご自身のスタイルに合わせて使いやすいものを選びましょう。

 

万能クリームタイプ

クリームタイプは、濃度の高いクリームを肌に密着させることができるため、お手軽なシートタイプよりも更に保湿力に優れたタイプです。シートタイプではご自身のフェイスラインに合わせたオーダーメイドのものでない限り、人によってはシートの形状が顔のパーツに合わず、ケアしきれない部分が出てきてしまう場合もあります。

クリームタイプではご自身でケアしたい部分に好きな厚みでのせていくことができるので、例えば目の際や口元、顎まわりなどの気になりやすい部分もしっかりカバーすることができます。また、顔だけでなく全身にも使うことができる万能さも魅力です。

シートタイプに比べるとクリームタイプは自分で塗る必要があるのと、ほとんどのタイプは洗い流す必要があるので少し面倒な部分がありますが、それだけの効果も期待できるので、しっかりとケアしたい方にはおすすめです。

 

しっとりジェルタイプ

クリームに近い感覚で使えて更に保湿力がアップするのがジェルタイプです。水分をたっぷり含んでいるので、乾燥肌から守ってくれるだけでなく、さらっとした感触によって塗りやすさだけでなく、肌への馴染みも良いのが特徴です。

夜寝る前に使用すると翌日の肌のコンディションがぐっとアップしているのを実感でき、メイクのノリも良くなります。塗った後は、しばらく肌に浸透させたらそのまま寝ても良いアイテムもあるため、寝ている間に成分がお肌に染み込む夜の使用はかなりおすすめです。

塗る際のジェルの厚みも調節しやすいので、朝に使用する場合はメイク前に薄く塗ることで昼間の乾燥から肌を守ってくれますし、たっぷりと使ってマッサージをしながらなじませていくなど、様々な工夫ができるのも魅力的です。

 

まとめ

様々なタイプがあり、それぞれに特徴があるパックは何を選ぶか迷ってしまいますよね。エステに比べればかなりコストを抑えてケアができるパックは、色々なアイテムを試しやすいのも魅力的です。1ヶ月ごとなど、効果をチェックしながらご自身のお肌にぴったりのものを選び、美肌を目指していきましょう。