セルフエステに興味がある方必見!おすすめのセルフエステとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 紫外線予防の方法と自宅でできるセルフエステでスキンケア

紫外線予防の方法と自宅でできるセルフエステでスキンケア

春になると店先に一斉に並ぶのは日焼け対策の商品です。自宅でセルフエステできる「美白」がキーワードになっているものが人気です。よく見ると日焼け止めは年中販売されているのが分かります。冬場の日焼けはそんなに気にしなくていいんじゃないの?家の中は安全だといって対策をしないと年齢を重ねてから後悔することになります。将来の自分のお肌を見て泣かなくていいように、若いころからのスキンケアが大切です。紫外線がもたらすものとは?日焼け防止の方法、セルフエステでできる季節ごとの紫外線に対するスキンケアの方法について考えてみましょう。

 

紫外線がもたらすものって?

私たちがよく知っている紫外線には3種類あって、そのうちの2種類が人体に影響をもたらすと言われています。物質を透過しやすいUVA、大半が大気層に吸収され一部が地表に届くUVBがあります。真皮内へダメージが蓄積され後々影響するものと短時間でお肌が赤くなるサンバーン(日焼け)のパターンがあり、どちらも私たちにとっては歓迎できない状態になります。

UVAはお肌の真皮層への蓄積ダメージ、じわじわと中から作用します。太陽光の約9割がこのUVAです。お肌のハリや弾力を低下させます。さらにメラニン色素を酸化させてお肌を黒くします。光老化はUVAが原因で、通常の加齢によるしわとは違い、深いしわが特徴です。長年浴び続けることで老化しやすい環境が整ってしまうため、若いころからのお肌のケアとお肌の抵抗力を回復する方法を知ることが大切なのです。

UVBは主に表皮への影響が強く、シミ、そばかすの原因になる色素沈着反応を起こします。運動会や海水浴の日焼けは短時間で皮膚が赤くなる炎症反応を起こしているのです。メラニンは紫外線を受けるとダメージを吸収してお肌を守ってくれる色素です。当たる量が増加するほど、メラニン色素が増加します。過剰に増えるとシミやそばかすが増えるだけでなく、皮膚がんを誘発することがあるので日焼けのしすぎに注意したいところです。

年齢とともに、お肌を守るバリア機能が低下していきます。セルフエステでお肌を労わることによって、少しでも抵抗力の底上げにつなげたいものです。そのための方法として普段の日焼け止め対策を怠らないようにしましょう。

夏場より、春先のほうが日焼けをしやすいという話を聞いたことはありませんか。年間でピークになる時期があり場所や環境によって常に変動しています。太陽に近い場所だと当然影響が大きくなります。透過しやすいUVBは、雲があって影っていても約80パーセントが透過するのだとか。確かにお天気に左右されやすいのですが、今日は曇りだから日焼け対策は軽めでいいやという油断が、お肌へのダメージを招いてしまいます。

春先はとくに、過ごしやすい季節なので外出や野外の行事が多い時期でもあります。春に日焼けをしやすいというのは外にいる時間が長いことも関係していると思います。冬場は一見影響は少ない感じがしますが寒暖差の大きい部屋と外を行き来するため、暖房による乾燥などお肌にはかなりの負担になっています。外気にさらされ、疲れたお肌をセルフエステでケアするのは一年中が理想のようです。

 

家の中でも紫外線予防?

外出するときはバッチリメイクで日焼け対策もぬかりなくやっているみなさん、家の中ではどうしていますか。眠るとき以外はメイクが欠かせません!というかたもおられるでしょう。せっかくの休日に、お肌を休ませたい理由ですっぴんの人も多いのではないでしょうか。家の中で過ごすときはセルフエステでお肌を休ませて機能回復をしましょう。その後は日焼け対策を忘れずに。家には大中小の窓、天窓など日差しが入りやすい場所がいくらでもあります。建物の中に居るから安心できるわけではないのです。

知人の話で自宅のキッチンでは夏場、麦わら帽子をかぶっていると聞いて驚いたことがありました。理由を尋ねたら家の中で日焼けしてしまうからということでした。なぜキッチン?と不思議に思ったのですが、注文住宅で設計士にお任せした結果、調理スペースの真上に天窓が設置されていました。この天窓から夏場には直射日光が降り注ぐそうです。家を建てた時期が冬場でしたので、真夏にどんな環境になるか想像していなかったのでしょう。あまりにも日焼けをしてしまうため、どうやって日差しを遮るか考えた方法が、麦わら帽子をかぶることだったようです。家の中でも日焼けすることがストレートに実証されたお話でした。

お部屋の家具などを動かしたときに壁紙や床材がいつの間にか色や柄が薄くなっていて驚いた経験はありませんか?経年劣化も考えられますが、日焼けが原因で色や柄が薄くなってしまうのです。物が日焼けをする環境なら、人も同じく家の中で日焼けしていることになります。最近ではUVカットの窓ガラスを採用しているお宅がありますが、100パーセント完全に防ぐことはできません。洗濯ものを干すとき、ベランダのお花の水やり、ゴミ出しのようなちょっとそこまでの用事でも日焼けするきっかけになっています。外へ出なくても、窓を透過した紫外線は壁や床に反射し人体に影響します。それほど強力なのです。

春夏の時期は、乾燥に紫外線とお肌にとって過酷な環境です。日ごろの日焼け防止対策に加えて、季節ごとにセルフエステの方法を変えましょう。春や秋は花粉やアレルギーで体調を崩しやすい時期です。保湿、ビタミン摂取など体とお肌の抵抗力を上げる食事にも配慮しましょう。

 

自宅でできるセルフエステでスキンケア

季節や環境、お天気で紫外線の量が変化するお話をしました。それでは、季節変わりでお肌をお手入れする方法、自宅でできるセルフエステについてみていきましょう。

春は草木が芽吹くシーズンです。花粉や乾燥でアレルギー体質の人にはつらい季節です。徐々に日差しが強くなるのは3月ごろからです。空気が澄んでいるのでお肌に届く量も多めです。お肌へのダメージを防ぐための長袖の服や、刺激の少ない洗顔を心がけましょう。夏のような日差しでなくても、しっかり日焼けするレベルです。日焼けしやすい部分を中心に、日焼け止めクリーム等を塗りましょう。一日の終わりには、セルフエステできれいさっぱりした後に充分な保湿をします。乾燥肌の人は個人差はありますが冬場の乾燥のカサカサより、春の時期にべたつきとして実感しやすいようです。

夏は汗や水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めが活躍します。現在の日焼け止めはさらっとしたタイプが増えていますが、水や汗への耐性にはしっとりタイプのものが主流です。自宅でできるダメージを受けたお肌のお手入れ方法として、日焼け止めをきれいに洗い流します。お肌に成分が残ったままだと荒れる原因になることがありますので念入りに。すっぴんになったお肌には、美白化粧水などをたっぷり使いケアします。気を付けたいのは夏のお肌のための食事です。ビタミンを多く含む食事を摂っておくとお肌の回復に必要な抗酸化作用が期待できます。内側と外側からのスキンケアを心がけましょう。

秋は夏場の強力な紫外線の影響で、少々お肌が疲れ気味になる季節です。暑さから寒さへ移行するため体のリズムを崩しがちです。お肌の周期も体の具合と同じく乱れやすくなっています。残暑が厳しい日々、夏に引き続き日焼け止めは欠かさず塗ります。

冬になると寒さが先行して日焼けのことを後回しにしてしまいますが、積雪があるところでは雪に日差しが反射して下からでも日焼けをします。寒さと暖房による乾燥には美容液が効きます。化粧水をたっぷり含ませたパックなどで保湿し春先に向けてお肌の調子を整えていきましょう。

まとめ

お肌のことを考えて年中セルフエステで日焼け対策をするのが理想です。家に居るのに気づいたら日焼けをしていた!ちょっとそこまでのつもりを繰り返してお肌へのダメージを積み重ねてきたのが原因の立派な日焼けです。日焼けしない方法は服装とUVクリームの活用。私たちが知っている紫外線には2種類あります。短時間でお肌が赤くなるサンバーンと呼ばれる症状と、真皮内へダメージが蓄積され、加齢のしわとは別に日焼け特有のしわになって出てくるパターンです。季節で紫外線の強さも変化するので自宅でセルフエステする際はお肌を労わるのと同時に、お肌の抵抗力や回復を高める方法としてビタミン類の摂取や食事を心がけましょう。